デリケートゾーンの黒ずみ対策・改善に使われる医薬部外品の成分とは?

デリケートゾーンの黒ずみ対策・改善に使われる医薬部外品の成分とは?

デリケートゾーンの悩みデリケートゾーン黒ずみ改善と称した石鹸やボディーソープが販売されていますがその殆どが医薬部外品ではありません。

デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン によるものですが、医薬部外品ではない石鹸などではその原因となるメラニンに対しては全く効果がありません。(詳しくはデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策を参照してください)。

「黒ずみ対策」「黒ずみ改善」や「くすみ改善」などという名目で販売されている医薬部外品以外の 石鹸やクリームがいかにいい加減な物かがわかると思います。(メラニン生成の原因になる乾燥対策には一応なるみたいですが)

これまで数々の医薬部外品の「デリケートゾーン黒ずみ対策」「デリケートゾーン黒ずみ改善」や「デリケートゾーン美白」のクリームなどの商品を見てきた中で、殆どの黒ずみ対策商品が使っている有効成分がわかってきました。

ちなみに医薬部外品とは・・・医薬部外品と薬用は同じ意味で、『厚生労働省が特定の効能について認可している商品・製品 の事を指す。有効成分として効果効能を表示することが認められている。』

トラネキサム酸

もっともポピュラーな美白有効成分でデリケートゾーン対策アイテム以外でもホワイトニング歯磨き粉など多くの商品で使われています。トラネキサム酸はOTC医薬品(一般用医薬品):薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売されている医薬品でも使用されてきた実績のある成分です。肝斑(皮膚にできる色素斑(しみ)の一つ)の改善効果も知られていました。トラネキサム酸は、人工合成されたアミノ酸の一種であり、もし肝斑でない人が服用した場合でも、特に身体に悪い影響が出る成分ではありません。メラニン発生の要因のひとつと考えられるメラノサイト活性化因子「プラスミン」をブロックすることで、肝斑の原因となるメラニンの発生を抑制し、この結果肝斑を薄くする作用があると考えられています。

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)

漢方の原料の甘草の根に含まれる成分で、抗炎症作用があり肌荒れやニキビのケアに効果を発揮します。その特性を生かして、日焼け止めや化粧水、風邪薬などさまざまな製品で使われています。グリチルリチン酸二カリウム、グリチルリチン酸K2、グリチノンK2とも呼ばれています。

グリチルレチン酸ステアリル

マメ科の植物であるカンゾウ(甘草)の根に含まれる有効成分「グリチルリチン」の誘導体で、主に抗炎症作用があると言われ、スキンケア製品、化粧品などに利用されています。グリチルリチン酸2Kと同じ作用があります。解毒作用と抗アレルギー、抗潰瘍作用があるため、医療では急性や慢性の皮膚炎に使われています。

水溶性プラセンタエキス

プラセンタとは、英語で胎盤(placenta)のことです。赤ちゃんが、母体の中にいる際、胎盤を通じて栄養素を受けとり、発育・成長します。プラセンタは多くの美容液で使用されており、くすみの原因となる水分不足やキメの乱れなどを整え、透明感に満ちた明るい肌に導きます。日焼け後の乾燥したガサガサ肌に働きかけ、うるおいと透明感のある肌へ整えます。

ビタミンC誘導体(3-O-エチルアスコルビン酸,アスコルビン酸2-グルコシド)

生体内で酵素反応によりビタミンCとなるもの。誘導体化によって生体外での安定化および生体内への吸収率向上のメリットがある。ビタミンC(L-アスコルビン酸)である。ビタミンCは強力な抗酸化作用があり、そのままのビタミンCは不安定で分子構造が壊れやすい。また、皮膚は水溶性の物質を弾く作用が強いので、皮膚に浸透しやすいように合成された化合物である。美容を目的とした皮膚科学で応用されているほか、食品添加物としても検討されているものもある。3-O-エチルアスコルビン酸はメラニンの黒化を抑えることができる資生堂が開発した厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。アスコルビン酸2-グルコシドは皮膚科でもシミ治療に使用されている成分。メラニン色素の生成を抑えるとともに、できてしまったメラニン色素を還元し色を薄くする効果とコラーゲン生成を促す効果があります。

アルブチン

資生堂が開発した、厚生労働省認可の医薬部外品美白有効成分でコケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体。メラニンをつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用によって、過剰なメラニンの生成を抑制。シミ・ソバカスができるのを防ぐ効果が期待されています。特許期間が終了したため、現在は多くのメーカーの美白化粧品にも使用されています。美白用化粧品といえば、「アルブチン」と言われるほど有名な成分。

医薬部外品のデリケートゾーンの黒ずみ対策・改善の商品はこれら有効成分のどれかが必ず入っています。

グリチルリチン酸2Kやグリチルリチン酸ステアリルなどは抗炎症作用の成分なので、この成分だけが単独で入っている商品は無く、トラネキサム酸やアルブチン、ビタミンC誘導体などのメラニンの生成を抑える効果がある成分と一緒に配合されることが多いです。

これら有効成分のどれが配合されているのかわかりやすく比較表があるのでご覧になってみてください⇒デリケートゾーンの黒ずみ解消薬用・医薬部外品比較一覧

>>目次を表示<<

デリケートゾーンの黒ずみ対策・改善に使われる医薬部外品おススメ商品

配合されている成分と実際に使ってみた人たちの口コミ情報からおススメをランキング形式にしてみると

1位 イビサセラムPro

2位 ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

3位 イビサクリーム

の順になります。イビサセラムProは価格がそれなりに高いので、2位のハーバルラビットナチュラルゲルクリームあたりが買いやすい価格かもしれません。3位のイビサクリームも1位のイビサのシリーズなのでおススメできます。イビサはデリケートゾーンの黒ずみケア商品だけでなく臭い対策の商品も販売しているので、デリケートゾーンの悩みに対しよく研究されている会社だと思います。

イビサの臭いケア商品薬用イビサソープ・薬用イビサデオドラント公式サイト

イビサのデリケートゾーン専用ムダ毛ケアジェル医薬部外品イビサスムースジェル

>>目次を表示<<

デリケートゾーンケア関連リンク

デリケートゾーンの悩み(黒ずみ、臭い、かゆみ)に関連したリンクを紹介します。

黒ずみ対策の医薬部外品を比較してみましたデリケートゾーンの黒ずみ解消薬用・医薬部外品比較一覧

臭い、黒ずみ、かゆみに関する商品を比較しましたデリケートゾーン臭い・黒ずみ・かゆみ解消ケア商品比較一覧

>>目次を表示<<