イビサセラムプロに含まれているカモミラエキスの特徴や効果は?イビサセラムプロは黒ずみ改善効果あり?

デリケートゾーンやバストトップ黒ずみ改善 イビサセラムプロ
イビサセラムプロに含まれているカモミラエキスの特徴や効果は?

デリケートゾーンや乳首の黒ずみ改善の効果が高いイビサセラムプロですが、その中にカモミラエキスという成分が含まれているので気になってカモミラエキスの特徴や効果などを調べてみました。

デリケートゾーンの黒ずみ改善で評判のイビサセラムプロ

デリケートゾーンの悩みはイビサセラムプロで改善

色々な口コミ情報を見てみると、イビサセラムProはイビサクリームより効果を実感するのが早いという話が多かったです。

イビサセラムプロの最安値購入方法や口コミ情報などはイビサセラムProの口コミ・店舗・楽天・アマゾン最安値比較を参照してみてください。

このページではイビサセラムプロに含まれる成分の内、カモミラエキスに関して調べてみました。

イビサセラムプロに含まれる成分

イビサセラムプロの成分

値段は少し高めですが、デリケートゾーンの黒ずみ改善効果が高かったと口コミが多かった、イビサセラムプロに含まれている成分は、

<医薬部外成分(薬用成分)>

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • グリチルリチン酸2K

<6つの植物エキス>

  • カモミラエキス
  • オウバクエキス
  • マロニエエキス
  • プルーン酵素分解物
  • チンピエキス
  • キウイエキス

医薬部外成分(薬用成分)は黒ずみ改善効果として、「メラニンの生成を抑え、シミ、ソバカスを防ぐ」といった効果が見込めるという話はイビサセラムProとイビサクリームの有効成分徹底比較で説明しているので是非見てもらいたいのですが、やはり気になるのはその他の<6つの植物エキス>ですよね。

医薬部外成分(薬用成分)は【有効成分】という表記が公式サイトの商品紹介のところにありますが、<6つの植物エキス>はどうなんでしょうか?

イビサセラムプロ <6つの植物エキス>の中のカモミラエキスの特徴

イビサセラムプロに含まれるカモミラエキス

カモミラエキスに関して調べてみました。

カモミラの見た目はコスモスや菊っぽい感じもしますが?

カモミラエキスとは?・・・カミツレ(カモミール)の花から抽出して得られるエキスのことです。

カミツレ(カモミール)とは?・・・カモマイル、あるいはカモミーユとも呼ばれる。英語圏とフランス語圏で呼び方が変わるようです。

和名はカミツレです。

キク目 : キク科 :シカギク属 という分類になります。やはり見た目が菊っぽかったですからね。

花にリンゴに似た特有の強い香りがあるそうです。

なので「大地のリンゴ」というギリシア語名のカマイメーロンがカモミールの語源になっているとのことです。

カモミラエキスの特徴としてはかなりザックリとした説明になりましたが、効果やどう利用されているか?などは次の項目で説明します。

イビサセラムプロに含まれるカモミラエキスの効果

カモミラエキス

カモミラエキス、カミツレ(カモミール)はどのような利用をされているのでしょうか?

●安全で効果的なハーブ
●フランスなどでは薬草として健胃・発汗・消炎作用、婦人病に効果があるとして用いられている
●ハーブ処方古典では肝臓の痛み、頭痛、偏頭痛などに効能があるとされている
●欧州では医薬品の扱い
●ハーブティーとして飲まれている
●入浴剤、石鹸などのスキンケア製品にも使われている
●水蒸気蒸留法で精油を抽出し精油は食品や香水に香料として使われている
●抗炎症作用を持つと考えられる
●除虫菊などと同じく近くに生えている植物を健康にする働きがある(害虫予防効果もあり)

※カモミールはキク科であるため、キク科アレルギーを持つ人には用いない。カモミールティーでアナフィラキシー反応を起こし、死亡した例があるから注意。

Wikipediaによると欧州では医薬品の扱いとのことで、薬品としての効果があるのはわかりましたが、メラニンの生成を抑えたりする効果の説明は無かったのでさらに調べました。

イビサセラムプロに含まれるカモミラエキスは医薬部外品?

イビサセラムプロは紫外線によって生成されたメラニンに効果アリ

カモミラエキスの効果にに関して調べていたところ、カモミラエキスは医薬部外成分だという事が分かりました。

カモミラエキス(1)規格コード 51(医薬部外品原料規格2006)

カモミラETという名前でも1999年に花王の申請により医薬部外品として承認されています。

情報伝達物質エンドセリンを抑制し、メラニンを生成する細胞メラノサイトの増殖や活性化を抑える働きがある。

もう少し詳しく調べると、紫外線を浴びた皮膚が情報伝達物質(メラニン活性化因子)をメラノサイトに伝達。

メラノサイト内でメラニンの生合成が始まる。

この情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)のひとつであるエンドセリン-1の阻害作用がカモミラエキスにはあるとのことでした。

カミツレエキスの紫外線誘導色素沈着に対する抑制効果の検証によれば、カミツレエキス配合クリームが紫外線による色素沈着に対する抑制作用を有することが確認されているとのことです。

イビサセラムProには有効成分として<医薬部外成分(薬用成分)>のビタミンC誘導体、アルブチン、グリチルリチン酸2Kが配合されていることは上でも触れましたが、<6つの植物エキス>の中のカミツレエキスにも美白効果があるとは初めて知りました。

となると、他の5つの植物成分(オウバクエキス、マロニエエキス、プルーン酵素分解物、チンピエキス、キウイエキス)も気になるところです。

そのあたりはまた追々調べてみようと思います。

イビサセラムプロ関連リンク

黒ずみ対策の医薬部外品を比較してみました。デリケートゾーンや乳首などの黒ずみ対策商品ごとにどのような成分が配合されているのかがわかりやすいと思います。デリケートゾーンや乳首の黒ずみを治すケアクリーム比較・ランキング

 

デリケートゾーンや乳首の黒ずみ改善やに関する特集記事はカテゴ一覧からご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました